クレジットカード活用術 > 正しい選び方・使い方 > VISAとアメックスは結局、何か違うのか?

VISAとアメックスは結局、何か違うのか?

決済カードとT&Eカードの違いを知っておこう

海外でも使えるように国際カードを持ちたいんだけど、早い話、V‐SAとアメックスっていったい何が違うの?

国際カードといわれる5つのブランドは、実は、大きく2種類に分かれる。一つは決済に主眼を置いた決済カードで、もう一つは旅行や娯楽に重点を置いたT&Eカードだ。

決済カードのグループにはVlsAとマスター、T&Eカードのグループにはアメックス、ダイナース、JCBが属している。

VSA・マスターは、どこでも使えることを目指したカード

VISAとマスターの2ブランドは、世界の銀行が出資・運営している、目的は、銀行の決済業務を円滑に運び、銀行により多くの利益をもたらすことにある。そのために、できるだけ多くの店(加盟店)で利用できて、しかも、売り場のレジ回りの処理を迅速に、正確に行うことを追求しているのだ。

だから、VISA、マスターともに世界中で加盟店開拓を行い、ネットワークを張りめぐらして、1秒でも早く処理をし、取引データを集計する体制を築こうとしている。

アメックスーダイナース・JCBは、サービス重視のカード

それに対し、T&Eカードは、文字どおり旅行とエンターテインメントに重点を置いているカードで、会員の旅行や出張の際のサービスを第一と考えている。

もちろん、T&Eカードという会社があるのではない。

その運営母体は銀行ではなく、旅行会社(アメックス)であり、クラブ組織(ダイナース)だ。各社ともそれぞれの会貝が旅や出張の移動の際に十分なサービスを受けられるようにとカード事業を始めたのである。たとえば、アメックスは、日本ではカード会社のイメージが強いが、実は世界最大の旅行会社なのである。

そのため、決済というよりは、生活支援のサービスを充実させる方向に向かった。その好例が海外旅行中のカードの紛失・盗難への迅速な対応であり、航空券のリコンファーム(搭乗再確認)やチケットの予約、現地情報の提供などのサービスである。

決済カードとT&E力-ドの長所・短所

この他にも決済カードとT&Eカードの違いはいくつかある。まず、支払方法は、決済カードが銀行の利益を確保するために金利が多く付くリボ払いが中心なのに対し、T&Eカードは翌月一括払いが中心になっている。金利で稼ぐより会員サービスを第一としているからだ。

また、加盟店開拓の方法も、決済カードはメンバーの金融機関にライセンスを供与してカード発行と加盟店開拓をそこに任せる形を取っているが、T&Eカードは自社で加盟店開拓をすることが多い。だから加盟店の数こそ少ないが、海外でのショッピングで二重請求などのトラブルが起きても、カード会社が直接加盟店と交渉できるので解決までそれほど時間はかからない。

ちなみにアメックスとJCBは加盟店業務で提携することで合意しており、加盟店の少なさを互いにカバーすることになった。一方、決済カードではそうしたトラブルが起きた場合、本部とカード発行銀行と、加盟店を管理する現地の銀行などいくつもの関係機関を経由しなければならないのでなかなか交渉が進まず、解決するまでにかなりの時間がかかってしまう。決済カードとT&Eカード、それぞれの長所と短所があるから、それを見極めて使おう。