クレジットカード活用術 > 正しい選び方・使い方 > ライフスタイルにあったクレジットカードを持つ

ライフスタイルにあったクレジットカードを持つ

たとえばマイレージが付いたカードとか、デパートの割引ポイントが付く力-ドとか、カードにもいろいろあるけど、いちばんお得なカードはどれ?

かつては銀行系カードを何枚か持っていれば、カードライフは万全と思われていたが、今は自分のライフスタイルに合わせたカードを持つのが正解という時代になっている。

というのも、カード会社や企業が競って、自動車、航空、買い物など利用軒のライフスタイルに合わせた提携カードを発行しており、それを使うと、キャッシュバックや割引といった手厚い特典を受けられるからだ。だから、同じ持つならライフスタイルに合わせた提携カードを持つのが賢明なやり方だ。

ところが、いざ、そうしたカードを持とうとしても、自分がどんなライフスタイルを持っているかとなると憲外とわからない。そんなときは自分が「何で得したいのか」考えるとうまくいく。

ライフスタイルでカードを選ぼう!

買い物派なら
よく使うデパートやスーパーなどのカードがお得。
旅行派なら
たとえばJTBカードやビューカードを持つとお得。
電話派なら
電話割引サービスのあるカードがお得。たとえば、NTTグループカード
パソコン派なら
たとえば、マイクロソフトやソフマップのカードがお得。
クルマ派なら
自動車会社やガソリンのカードお得。
マイレージ派なら
航空会社のカードで無料航空券をケットだ!

自分が何で得したいのかを決める

たとえば、毎日の買い物で割引してもらって得したいというのであればデパートやスーパーのカードを持つべきだし、ガソリン給油で割引を受けたいならガソリンカード、旅行で無料航空券が欲しいならマイレージカードがいいというふうに選べばよい。現在のところは、自動車、航空、買い物、電話、パソコン、旅行といったジャンルごとにカードが発行されている。このジャンルは今後さらに拡大していくと見られているから、チャンスはまだまだ広がる。カードで手っとり早く得をしたいというなら、ライフスタイルに合わせて提携カードを持つのがいちばんだ。

買い物派はこれを選べ

買い物でとにかく得をしたいならデパート、スーパー、または専門店のカードを持つことだ。これらのカードにはいくつか種類があるが、その場で引いてくれる割引と、買い物券に交換して利用するポイント制度の2つが中心だ。スーパーの場合は特定の日に割引してくれることがある。まとめ買いをするのに便利だ。タカシマヤカード、三越カード、伊勢丹アイカード、セゾンカード、マイカルカード、ジヤスコカードなどがある。

旅行派はこれを選べ

週末や夏休みには温泉旅行に行きたいという人は、旅行代理店や鉄道会社が発行しているカードを持つのがいい。買い物のたびにポイントが貯まり旅行クーポン券などと交換できる。JTBカードやアメリカンーエキスプレスカード、ビューカードなどある。

電話派はこれを選べ

長電話をする人や国際電話をよくかけるという人には、電話割引サービスのあるカードがおすすめ。会員になると割引を受ける権利を得たり、買い物のポイントで割引が受けられたり、インターネット電話で激安料金になったりする。

さらに市外通話の場合は一定金額以上の利用があれば割引になる定常割引のサービスもある。NTTグループカードや日本テレコムなどの新電電のカード、それに定常割引は一般のプロパーカードでも利用できる。

パソコン派はこれを選べ

パソコン愛好家やインターネットに関心があるなら、パソコンを購入するときにキャッシュバツクが受けられるカードがいい。

量販店が発行する場合やマイクロソフト、デルなどのパソコンメーカーが発行するカードがある。買い物でポイントを貯めると、新製品を購入する際にキャッシュバックになる。

また、インターネットでのプロバイダー料金が割引になるカードやヤフーなど検索会社が発行するカードなどもある。ソフマップカード、ヤフーカード、マイクロソフトカード、デルカードなど。

クルマ派はこれを選べ

毎日のようにクルマに乗る人は、自勁車会社や石油元売り会社が発行するカードを選ぶといい。買い物でポイントを貯めると、給油時に割引になったり、新車を購入する際にキャッシュバックを受けられる。トヨタカード、イーナカード、JOMOカードなど。

マイレージ派はこれを選べ

年に2回は海外旅行をするという人にはマイレージが付いたカードがおすすめ。航空会社が発行するカードが中心でクレジットカードにマイレージを組み込んでいる。買い物で貯まるポイントをマイレージに加算、無料航空券と交換してくれる。