クレジットカード活用術 > 正しい選び方・使い方 > せっかくなら提携カードを活用しよう

せっかくなら提携カードを活用しよう

得をしたいならFUPを活用

カードには、リピーターになればなるほど得をするしくみがあるって聞いたけど、
それってどういうものなの?

クレジットカードの発行枚数は、およそ2億5000万枚だ。そのうちの新規発行分カードの6割が提携カードというからすごい。すでにブーム化している。

提携カードとは、カード会社が企業・団体と提携して発行するもので、提携先の企業や団体が提供する特別の特典をたっぷり味わうことができるため、1枚で2~3枚分も得する 同じ持つならこの提携カードを選びたい(VISA、マスター、JCBとの「国際ブランドとの提携」はここでいう「提携カード」とは異なる)。

その先駆けとなったのが、95年に発行されたトヨタカードだった。これは、トヨタ自動収とJCB、UC、MCカードが提携して発行するカードで、トヨタの製品を買ったり、カードで買い物をするたびにポイントが蓄積され、その実績で新車購入や車検の際にキャッシュバックを受けられるものだ。このカードはポイント薔積の機会が多く、また、還元率も高いために人気となって「提携ブーム」を巻き起こした。

それ以降、石油元売り、航空会社、電話会社、百貨店などが相次いで、この種の提携カードの発行に踏み切り、最近では、パソコン業界やレジャー業界にまで及んでいる。

こうした提携カードが激増した理由は、企業、カード会社、それに利用者の三者の思惑が、見事に一致したからだ。つまり、提携先の企業とすると、マーケティング的にみて、顧客の囲い込みに効果的に活用できる。カード会礼とすれば、企業に関係の深い優良会員を苦労なく集めることができる。利用者とすると、前述したように、企業とカード会社の2つの会社が共同で特典を提供するから、一般カード以上の還元やサービスを確実に手に入れられるといったメリットがあるからだ。

金融機関も提携カード

最近では、金融業界(銀行、証券、保険など)も提携の動きを見せてきた。銀行のキャッシュカードと一体化した一体型カードは、ある意味では、カード会社と銀行本体が提携して発行する提携カードといえる。また、証券会社のカードでは株や投資信託の手数料の割引といった特典を受けられる。

この提携カードの登場でカード選びの方法も確実に変わった。とくに自動車やパソコンなど大手各社が自社の製品を前面に押し立ててセールスしてくるから、ライフスタイルに合わせて提携カードを選ぶと自然に得するしくみになっている。しかも、1枚に絞り込んで、それを徹底的に使いこなせば、高い還元率を享受することができる。だから、どことも提携しないプロパーカードよりは、毎日の生活で得のできる確率は上がるのだ。

FUPはポイント蓄積が早い

ただ、提携カードの中にも2種類あることは注意しておく必要がある。従来の提携カードは提携先企業で使ったときのみポイントが付くが、それが、トヨタカードに始まる提携カードは、FUP(フリークェントーユーザーズープログラム)カードと呼ばれて、提携先企業はもちろん、一般加盟店で使った際にもポイントが蓄積されるため、蓄積シーンが広がり、還元率も高いのが特徴となっている。ちなみに、プロパーカードのポイント還元率は0.5~1%にすぎないが、FUPカードは3~7%もある。