クレジットカード活用術 > どっちがお得か > ゴールドカードは損か得か?

ゴールドカードは損か得か?

見栄で持つならやめた方が得

友達が30歳になったとたんゴールドカードに切り替えた。ゴールドカードつて高い

年会費を払うほどメリットがあるの?

カード会社によって多少異なるが、30歳というのは、ちょうどゴールドカードの入会資格が持てる年齢だ。会社員なら部下もできて仕事に責任感が生まれる頃だろう。その意味ではゴールドカードの1枚も持っていてもいい年齢なのかもしれない。

ゴールドは年会費が高い

ただ、年会費が一般カードに比べ高く設定されているので、高い年会費を払うだけの見返り(=コストパフォーマンス)はあるのか? と考える必要があるだろう。

カード会社にゴールドカードのメリットについて尋ねると、返ってくる答えは大きく分けて2つある。「持ったときのステイタスの高さ」と「充実したサービス」の2点だ。

ステイタスについては、選ばれた人だけが持てるとされているから、ゴールドカード会員になると社会的にもヒトカドの人物になれたような気分に浸れる。

サービスについては、一般カードにはない手厚い保証が用意されている。

海外旅行傷害保険では最高5000万円までの補償が受けられるので、万一旅行中に事故やトラブルに遭っても相応のケアを受けられるし、また、電話1本で航空券やホテルの予約をする秘書機能も完備している。さらに、利用限度額が一般カードが40万~50万円に対して100万~200万円と高く設定されていることもメリットだ。

ステイタスは国内では実感しにくい

ただ、ステイタスの高さを実感しようと思うなら、国内にいてもそれほど実感できないだろう。というのも、選ばれた人だけが持てるはずのゴールドカードも今やインフレ気味で入社2~3年目の若者でも平気で持てるようになっているからだ。

ステイタスの威力を実感しようと思うなら、海外に行くことだ。欧米社会は、階級制度が色濃く残っているため、ゴールドカードを取得するには厳しい審査をパスしなければならない。だから、買い物の際にゴールドカードを店貝に見せるとその態度がガラリと変わったりする。また、サービスの充実についてもすべての会員が満足できるほどの特典が付いているのかというと、それも違う。旅行のときには使える特典が多いが、それ以外のことになると一般カードと変わらないものが多い。それでも、自分にとって何かしらのメリットがあると判断できればいいが、ただ箔を付けたいとか、見栄でゴールドカードが欲しいだけなら持つのはやめたほうがいいだろう。

使わないゴールドカードは無駄

また、決済という役割を考えてみれば、カードの登場する場面は、購入商品の決定後やサービスの提供後というタイミングがほとんどだ。つまりゴールドカードの提示によって店の人の対応が仮に変化するとしてもすでに手遅れの状態にあるということだ。

ただ、レンタカーを利用するときやホテルのチェックインの際などギャランティーが必要とされる場合には、店員の対応が変わる可能性も考えられる。実例として、筆者が所有しているゴールドカードのカードデスク経由でホテルにシングルルームを手配し、夜遅くチェックインした際、同料金でダブルルームにアップグレードしてもらった経験がある。

あえて結論をいえば、ゴールドカードを見栄で持っているだけで実際に使わないのなら商い年会費が無駄になるのですぐにでもやめたほうがいい。まず一般カードを十二分に使いこなして、そのうえでゴールドカードにするかどうかを考えても決して遅くはない。

ゴールドカードのメリット
  • ステイタス感が昧わえる
  • 限度額が大きい
  • サービスが良い
ゴールドカードのデメリット
  • 国内では大したステイタスではない
  • 年会費が高い
  • 旅行以外でサービスを実感しにくい